お知らせ

山口同友会の活動及び運動について情報提供を行っています。


 2022年5月12日(木)17時から、山口県中小企業家同友会第29回定時総会をかめ福オンプレイスとオンラインの併用で開催し、全ての議事が承認されました。
 参加数は、全支部から計66名の参加がありました。昨年は新型コロナの感染数がGW後から急激に上がったため、オンライン配信となりましたが、今年は併用開催ということで、会場での参加が26名、オンラインでの参加が40名と、オンラインでの参加の方が多かったことも特徴的でした。
 総会終了後、2008年から14年間代表理事を務め、このたび任を退かれた廣中相談役に花束贈呈が行われました。



11月7日(日)13時から「人を生かす経営の実践で、地域に活躍する同友会企業をつくろう~小さな実践の積み重ねが、企業づくりの歩みとなる~」をスローガンに、第24回経営者フォーラムが開催され、会員・ゲスト含め93名が参加しました。昨年は新型コロナウイルスの影響により中止、2年ぶりの開催となる今年は、初のオンライン形式でのフォーラムとなりました。基調講演には、西村貴好氏((一社)日本ほめる達人協会・理事長/(有)C’s・代表取締役)が登壇し、ほめることを通じた、人を生かす経営の実践や、労使間のコミュニケーションについて学びを深めました。


 10月18日(月)19:00より、岩国市民文化会館において、青年部主催のグループ長研修をオンライン併用で開催しました。
 例会でのグループ長の役割、グループ討論の手法、発表者の役割などを学び、実際に模擬グループ討論を通して進め方を学びあいました。


9/7・8、10/5・6に、社員共育委員会主催の2021年度リーダー研修会が開催されました。
10社から14名のリーダー社員が受講し、経営者の引率、スタッフなど総勢30名以上が参加しました。「主体性と判断力」「課題解決・課題の抽出」などをテーマとした報告や、グループ討論で学びを深めあいました。最終日には、受講生全員が、明日からの決意表明をはつらつと宣言しました。


山口県中小企業家同友会では、コロナ禍においても活動を止めず、さらに学べる会とするために10月・11月の2か月間を組織強化月間として活動しています。各支部の目標と活動内容をご紹介します。目標達成に向け、皆で協力し頑張っていきましょう!


下関支部


  • Zoom利用会員を一人でも多く増やす。期間中に70%以上のZoom接続率を目指す。11月の車座での支部例会をZoom開催100名の動員を目標にして声掛けをしていく。車座例会においてプレゼンを行うのに必要な機能を使いこなせるよう勉強会も開催していく。

山口支部

  • 年内の例会参加率50%。
  • 年内(1月理事会)までに5名の入会。
  • 例会参加登録未回答の方に委員会単位で声掛け。

岩国支部

  • 例会での全会員声掛け。
  • 例会参加率 10月40% 11月50%。
  • 幹事を中心としたZoom使用率を上げる。
  • 委員会活動を通じて会員交流を図る。

宇部支部

  • Zoomを利用できる会員を増やし、例会に参加していただく。会員のZoom体験率80%を目指す。

周南支部

  • 期間中、それぞれの班活動にゲストを1名以上呼ぶ。

お電話でのお問い合せはこちら(月曜日から金曜日の9:00から17:00まで)

083-941-5741